STEP便り第5号を発行!

このほど、『STEP便り第5号』を発行し配布を始めました。弊NPOは、活動をホームページの「活動ブログ」に掲載しておりますが、STEP便りはその抜粋編で、8月~11月までの活動トピックスを載せています。私たちの活動にご理解を賜れば幸いです。くわしくは、こちらをどうぞ。

 

本年最後の終活セミナー実施

12月21日、柴原地域包括支援センター蛍池分室のお招きで、『終活への備え~後見・遺言・エンディングノートなど』というテーマで講師を務めました。お陰様で今年は、トータル102回のセミナー・勉強会を開催したことになります。来年も情報提供を通じて、皆様のお役に立てればと考えております。

 

出張セミナーのご案内

今年は、皆様からのお誘いにより、おかげさまで100回以上の出張セミナーを開催しました。来年も、皆様のニーズに応じて『出張セミナー』を開催したいと思います。テーマは、以下の通りです。皆様のお悩み事や将来の備えに、ぜひお役立てください。
①「後見制度のイロハ」
②「障がいのあるお子さまの親御さまが備えるべきこと」
③「わかりやすい相続の備え」
④「民法改正とくらし」
⑤「終活への備え~遺言、エンディングノート」
⑥「終活へ備え~生前整理、遺品整理」
⑦「おひとりさまが考える終活への備え」

 

 

 

任意後見6人目の契約!

12月19日、公証人が委任者の入院先に出張していただいて、『委任及び任意後見契約公正証書』及び『公正証書遺言』を作成しました。委任者は一人暮らし高齢女性、受任者は弊NPOです。任意後見に移行するまでの『委任契約』は、親族が当面金銭管理をされるので、弊NPOは「身上監護面」の見守り・付き添い・駆けつけなどを担当することとなりました。併せて、この女性は自分の財産分与の意思を遺言の形に残されました。ご親族のサポートもあって無事契約締結となったものです。

 

豊中市居住支援協議会セミナーに参加

12月13日、豊中市立文化芸術センターにて行われた豊中市居住支援協議会主催セミナーに『居住支援サービス事業者』として参加しました。このセミナーは、「低額所得者・高齢者・障害者の方などが民間賃貸住宅に入居するための支援について」というテーマで、国土交通省の取組み並びに豊中市における住宅セーフティネットの取組みについて詳しい説明がなされました。なお、弊NPOが『金銭・財産管理(後見制度)サービス』を行う事業者として紹介されております。詳しくは、こちらをどうぞ。