箕面市役所主催セミナーで講師

先日、箕面市役所健康福祉部地域包括ケア室主催の高齢者向け定例セミナーがあり、『終活の備え』というテーマで、弊NPO代表が講師を務めました。参加者は8名でした。副題を「後見・死後事務・遺言など」とし、成年後見制度をはじめ、死後事務・身元保証・遺言などの備えについてお話しました。終了後、個別質問・相談タイムとなり、参加者より積極的な質問などが寄せられました。

豊中サロンでそなえ冊子セミナー実施

11月6日午後2時より、豊中市市民活動情報サロンにて、『「おひとりさまのそなえ」冊子で学ぼう!終活』とのテーマで、セミナーを実施しました。参加者は5名でした。そなえ冊子は、昨年5月にとよなか夢基金の助成を受けて製作したもので、豊中市役所内に設置されているものです。定価300円ですが、助成金をいただいた関係で、豊中市民の方には無料で冊子配布しております。ご希望の方は、弊NPOまでお問合せください。06-6155-5432

イケダ大学授業「ENと遺言の書き方」実施

10月31日、9時半よりZOOMにて、イケダ大学授業「エンディングノートと遺言の書き方」を実施しました。参加者は4名と少なめでしたが、参加された方に一般社団法人シニアコンシェルジュ協会発行のシニアライフノートを後日進呈することとしました。次回のイケダ大学は、11月14日(土)10時より、同じくZOOMにて「障がい者の親御様が備えるべきこと」を開催予定です。お申込みされる方は、info@npostep.jpまで。

日曜講座③を開催

昨日、シリーズ勉強会「日曜日に後見を学ぼう!」の第3回目をZOOMにて開催しました。テーマは、「任意後見の仕組みと利用手続き」でした。参加者は8名でした。説明したのは、任意後見制度の仕組みと法定後見との違い、任意後見契約公正証書のひな形、任意後見監督人選任申立て書類の作り方についてでした。次回は、11月8日(日)10時から、同じくZOOMにて第4回「後見人の実務」について解説します。参加希望の方は、info@npostep.jpまでメールでお申込みください。

 

障がい者の親御様向けセミナー実施

本日、豊中市市民活動情報サロンにて、「障がいを持つお子様の親御様が備えるべきこと」と題して、セミナーを実施しました。参加者は6名でした。成年後見制度のメリット・デメリット、遺言の重要性など説明しました。参加者から多くの質問が寄せられ、関心の高さを肌で感じました。