福町ごきげんさん塾での終活セミナー

11月30日、大阪市西淀川区南西部地域包括支援センターのお招きを受けて、『終活セミナー』の講師を務めました。次は、3月27日姫島で同様のセミナーにお招きを受ける予定です。

URアルビス寺本で終活セミナー実施

11月26日、URアルビス寺本にて『終活の備え』と題して、セミナーを実施しました。参加者は8名でした。今後、一人暮らしや認知症の方が増える時代への備えとして、①後見人を予め定める、②死後のことを決める、③身元保証人の確保、④尊厳死宣言、⑤遺言、⑥エンディングノート、などについて解説しました。次は12/3にUR西宮マリーナシティにて行います。

豊中サロンでワークショップ2回目開催

11月22日、豊中市市民活動情報サロンにて、2回目の『障がい関係者向けワークショップ』を開催。5名の方々が参加されました。今回の題材は、①親権を使った任意後見の事例、②後見を使わない事例でした。後見制度の種類やヒントの説明をしたうえで、参加者の皆さんが当事者として考え、解決策を共有するという試みでした。12月からは、同場所をお借りして『わかりやすいシリーズセミナー』を開催する予定です。

伊丹市の民生委員向けセミナー実施

11月21日、伊丹・摂陽地域包括支援センターのお招きを受けて、伊丹市の民生委員及び協力委員の方々52名の参加のもと、『終活の備え』セミナーの講師を務めました。セミナーでは、終活の備えとして、①後見人を予め決める、②死後のことを決める、③身元保証人の確保、④医療同意・尊厳死宣言、⑤遺言のすすめ、⑥エンディングノートなどについて具体的に説明させていただきました。

(株)シオツさんで後見セミナー実施

11月20日、株式会社シオツさんのケアプラン・訪問介護ヘルパーステーションにて、職員向けに後見セミナーを実施。16名の方が参加されました。塩津社長からも参考になったとのことで、やった甲斐がありました。