相続セミナーを開催

9月15日、東大阪なるかわ苑地域包括支援センターさんのお招きで『わかりやすい相続ーの備え』セミナーを開催。15名の方々が参加されました。セミナーでは、小職が相続診断士であることから、『相続診断チェックシート』を参加者に記入してもらって、該当者が多い項目から解説を加えるという方式で進めました。一番多かった項目は、『誰にも相続について相談したことがない』であり、このセミナーが相続相談のきっかけになればと感じました。竹村記

忙しくなってきました!

ここにきて、忙しくなってきました。内容は、任意後見契約、法定後見申立て、公正証書遺言立会い、不動産相続相談などで、今まで活動してきたルートから、いろんな相談が寄せられるようになってきました。出張セミナーもいろんな場所でご用命があります。少し軌道に乗ってきた感じで、この調子で幅広く活動できればと意を強くしております。写真は、任意後見をされる委任者・受任者にご相談したリハビリ病院です。

 

エンディングセミナーに参加

9月10日、NPO法人ユニバーサル・ケアさん主催のセミナーがひと・まち交流館京都で行われ、参加してきました。代表の内藤さんとは以前からいろいろご指導をいただく間柄であり、勉強も兼ねて行ってきました。第一部は「人生後半を心豊かに生きる-生きがい-」と題して同志社女子大学の日下菜穂子教授が、第二部は「備えとしての成年後見、その他いろいろ」と題して内藤代表が講師を務められました。いずれも大変示唆に富んだ内容で、今後の活動の参考にしていきたいと思います。

終活セミナーを開催

9月6日、阪急千里中央ビルで表題の終活セミナーを開催し、15名の方々が参加されました。当日は2部構成で、第一部は、『老いじたく、家族葬』と称して(株)オフィスシオンの寺尾俊一社長にお願いし、第二部は『後見制度のイロハ』と題して当NPO代表の竹村が務めました。このセミナーは毎月実施しており、次回は10月4日を予定しています。詳しくはホームページをご覧ください。

寸劇入りセミナーを実施(東大阪社協角田)

9月6日、地域包括支援センター/東大阪社協角田さんの主催で『後見制度のイロハ』と題して出張セミナーを行いました。講師は林常務理事が務め、スタッフの協力を得て『寸劇入り』でわかりやすく行いました。やはり寸劇の場面には、参加者が非常に関心をもってご覧になっていた様子でした。