本日は尼崎シリーズ

今日は、代表の地元尼崎市の地域包括支援センター全12か所を挨拶回り。半数以上の反応は上々。出張セミナーのこと、申立て支援のこと、金銭管理委任のことなど、反応は様々ですが、いろんな局面で我々NPOの出番がありそうだと実感する一日でした。

10~12月のセミナー確定

NPO設立記念の『わかりやすい』シリーズセミナーの10~12月分が確定しました。近日中にチラシほかでお知らせしますが、内容はご覧の通りです。7~9月のセミナーに加えて、こちらの方もご参加いただければ幸いです。

ペア体制での挨拶回り

現在、地域包括支援センターの悉皆訪問を本社職員2名で実施しています。社用車で一人が運転兼駐車スペース確保し待機、あと一人が営業訪問という役割が効率的です。以前は一人で回ってたのですが、運転するわ、駐車スペースの確保に苦労するわで大変だった反省に基づくものです。おかげで今日も11軒を予定以上の早さで回ることができました。暑い中ですが、これからもペア体制で頑張ります。

茨木市へのアプローチに好感触!

本日、茨木市在住スタッフと市議会議員への陳情、並びに市役所健康福祉部、社会福祉協議会を訪問し説明する機会をいただきました。議員さんが素早く連絡していただいたおかげで、市役所及び社協の担当者はいずれも好感触の反応でした。当法人作成の冊子ほかパンフ一式の追加要望や勉強会のニーズなどがあり、今後につなげていければと思います。

玉村町のように

群馬県に玉村町という自治体があります。そこでは、「市民後見連絡会」と称して、町の健康福祉部・市民後見NPO・地域包括支援センター・医療法人などのメンバーが集まって、高齢者の身近で起きている様々な課題や事例を検討し協議する場が機能しているそうです。後見利用促進基本計画の『地域連携ネットワーク』の先駆けかつ模範例として注目しています。我々の活動する自治体もかくありなん。。。