『終活への備え』セミナーを開催

10月4日、午後1時より阪急千里中央ビルにて、月例の「わかりやすいシリーズセミナー」を開催しました。テーマと講師は、第一部が『生前整理・遺品整理』について一般社団法人心結/屋宜明彦氏、第二部が『おひとりさまが考える終活への備え』について当法人代表理事の竹村でした。この月例セミナーは、これで4回目となりますが、年内は11月8日と12月6日と継続していく予定です。詳しくは当法人HPをご参照ください。

相続セミナーを開催

9月15日、東大阪なるかわ苑地域包括支援センターさんのお招きで『わかりやすい相続ーの備え』セミナーを開催。15名の方々が参加されました。セミナーでは、小職が相続診断士であることから、『相続診断チェックシート』を参加者に記入してもらって、該当者が多い項目から解説を加えるという方式で進めました。一番多かった項目は、『誰にも相続について相談したことがない』であり、このセミナーが相続相談のきっかけになればと感じました。竹村記

終活セミナーを開催

9月6日、阪急千里中央ビルで表題の終活セミナーを開催し、15名の方々が参加されました。当日は2部構成で、第一部は、『老いじたく、家族葬』と称して(株)オフィスシオンの寺尾俊一社長にお願いし、第二部は『後見制度のイロハ』と題して当NPO代表の竹村が務めました。このセミナーは毎月実施しており、次回は10月4日を予定しています。詳しくはホームページをご覧ください。

寸劇入りセミナーを実施(東大阪社協角田)

9月6日、地域包括支援センター/東大阪社協角田さんの主催で『後見制度のイロハ』と題して出張セミナーを行いました。講師は林常務理事が務め、スタッフの協力を得て『寸劇入り』でわかりやすく行いました。やはり寸劇の場面には、参加者が非常に関心をもってご覧になっていた様子でした。

出張セミナーを実施(東大阪ビオスの丘)

8月30日、東大阪市地域包括支援センタービオスの丘さん主催の『家族介護教室』に招かれ、『後見制度のイロハ』のテーマで1時間説明させていただきました。参加者は少なめでしたが、任意後見か法定後見かで悩まれているご家族がおられて、近日中に個別相談することになるなど、関心の高さがうかがえました。