6月12日 (水) 「おひとりさまの備え~冊子解説など」(6/7中止・変更分)

6月7日(金)14時から豊中市市民活動情報サロンにて予定しておりました「おひとりさまのこれからの備え」セミナーは大雨警報発令により中止となりました。代わりに、6月12日(水)14時から同サロンにて開催いたします。当日は、副題として「おひとりさまのそなえ」冊子の解説を中心に進めます。急な変更で恐縮ですが、ご参加をお待ちしております。

人生100年時代、老後資金に2000万円必要!?

先日、金融庁が人生100年時代を見据えた資産形成を促す報告書をまとめました。それによると、95歳まで生きるには、夫婦で約2000万円の金融資産の取り崩しが必要とのことです。男性が65歳以上、女性が60歳以上の夫婦では、年金に頼った生活だと、毎月約5万円の赤字が出る、これから20年生きると1300万円、30年だと2000万円が不足するとしています。長寿化が進む日本では、現在60歳の人の25%は、95歳まで生きるとの推計もあるそうです。やはり「長生きへの備え」「資産寿命をいかに延ばすか」が大切ですね。認知症への備えなど、「そなえ」全般をまとめたガイドブックは、こちらをどうぞ。

とよなか夢基金助成事業報告会

来る6月15日(土)13時より、阪急豊中駅近くのすてっぷホールにて、「とよなか夢基金助成事業報告会」が行われます。弊NPOは、第1部の2番目に「障がい者の成年後見制度啓発プロジェクト」の活動内容について発表する予定です。お時間ある方は、ご来場をお待ちしております。

一人暮らし高齢者のための「おひとりさまのそなえ」冊子を発行しました。

この冊子は、おひとりさまや予備軍の方たちが、これからを自分らしく
生きていくためのサポートガイドです。

冊子を希望の方は、メールまたは電話またはFAXでご請求ください。
料金受領後、郵送またはお渡しします。
1冊300円。送料は10冊まで180円、20冊まで360円など、
冊数に応じてご負担いただきます。

●請求先
NPO法人障がい者・高齢者市民後見STEP
メール:info@npostep.jp
電話:06-6155-5432 / FAX:06-6833-6599

●以下の内容をご連絡ください。
・郵便番号
・住所・所在地
・氏名、法人・団体名(法人・団体の場合は、ご担当者名も)
・電話番号
・必要部数

STEP便り第6号を発行します!

「STEP便り」は、弊NPOホームページにある「活動ブログ」の中からの抜粋ですが、今回で第6号となります。5月24日に完成し配布する予定ですが、一足早く皆様に情報提供いたします。くわしくは、こちらをどうぞ。