郵便局にこんな封筒が・・・

先日郵便局の窓口に、封筒が置いてあったのですが、見ると「自筆証書遺言書保管制度」の広告が載ってました。大阪法務局によるものです。昨年7月10日から始まったこの制度を利用すれば、家裁による検認手続きが不要になり、相続手続がスムーズに進むなど、メリットがあるそうですよ。

遺言執行完了

昨年末にご逝去された高齢者の遺言執行者としての任務です。遺言者は、子供さんがなく、ご主人もすでに逝去されており、法定相続人はごきょうだい3人なのですが、本人の意向で「今までお世話になった施設に全額遺贈したい」との遺言内容でした。今般無事施設の口座に全額送金が終わり、滞りなく遺言執行業務を終えることができました。これで遺言執行は3件目となります。

3月21日(日) 「成年後見マスター講座③」

来る3月21日(日)9時半より、ZOOMにて「成年後見マスター講座第3回」を実施します。第3回は、『任意後見制度の仕組みと利用手続き』について解説します。加えて、気になる費用面や公正証書文案などもレクチャーします。参加費無料。お申込みは、info@npostep.jpあてにメールにてお願いします。

保佐人に選任されました

先日、大阪家庭裁判所より、弊NPOをある高齢者の保佐人に選任するとの審判書が届きました。法定後見は、今年3件目。累計22件目の受任となります。4月上旬の財産目録提出に向け、活動準備に入ります。

カード被害、補てん請求が実る!

半年前にカード詐取被害に遭った、ある高齢者の任意代理人として、警察及び取引金融機関に被害届を出すとともに、損失補てん請求を掛けていた事案です。先日、金融機関より連絡が入り、「全額補てんする」という回答がありました。この吉報を受け、早速ご本人や関係者(ケアマネなど)に連絡すると、みんな大喜び。代理人として誠心誠意動いた結果であり、「一つ仕事を終えた」という達成感に浸っておりました。高齢者の皆様、注意しましょうね。