終活セミナー実施

昨日、吹田市吹一・吹六地域包括支援センターの介護・認知症予防講座にお招きいただいて、「終活の備え」セミナーの講師を務めました。場所は吹一地区公民館にて、参加者は11名でした。吹田市からエンディングノートが進呈されるとともに、講師からは①認知症の備え、②死後の備え、③終末期医療の備え、④身元保証人の備え、⑤相続の備えについて、実例を交えながら説明しました。参加者から「わかりやすい説明でよく理解できた」とのアンケート結果が得られ、意を強くしました。

障がい者の親御様向けセミナー実施

本日、豊川福祉会あゆむ家族会さんの依頼を受けて、「障がいのあるお子様の親御様が備えるべきこと」と題して、セミナー講師を務めました。参加者は22名でした。子の立場として並びに親の立場としてのやるべき備えについて、後見人のこと、相続のこと、遺言の重要性などについて、実例を交えながら説明させてもらいました。参加者の皆さんのご参考になれば幸いです。

12月22日(木) 自筆証書遺言書保管制度と遺言の書き方

豊中市市民活動情報サロンにて、12月22日(木)の14時より、「自筆証書遺言書保管制度と遺言の書き方」というテーマでセミナーを対面式で行います。定員は、9名(先着順)。参加費無料。申込は、同サロン☎06-6152-2212あて。申込受付開始日は、10月5日(水)10時からとなっております。詳しくは、こちら

12月21日(水) 「おひとりさまのそなえ」冊子で学ぼう

来る12月21日(水)14時より、千里文化センター「コラボ」にて、「おひとりさまのそなえ」冊子で学ぼう!終活セミナーを実施します。これは、千里文化センター公民連携事業として行われるもので、豊中市市民協働部千里地域連携センターとSTEPとの共催です。セミナーでは、STEPが作成した「おひとりさまのそなえ」冊子を用いて、介護・認知症・身元保証など、一人暮らし高齢者の備えについて解説いたします。定員は30人。お申込み開始は、12月8日(木)10時から電話でコラボあてに申し込み、先着順です。電話は、06-6831-4133、千里文化センター「コラボ」です。チラシは、こちら

浜松でセミナー講師を務めました

11月5日、浜松市地域情報センターにて、「親なきあと対策の実際」と題して、セミナーが行われ、STEPの代表が講師を務めました。対象は障がい者の親御様で参加者は50名でした。成年後見制度の種類と留意点、親権を使った任意後見などの具体事例、遺言の重要性や書き方について、約2時間説明させていただきました。参加者のご参考になれば幸いです。