オンラインの勉強会と相談会

医療・介護・福祉関係者の皆様へのお知らせです。コロナ禍の終息がまだまだ見通せない中で、私たちNPOの活動も制限的なものになっています。対面での勉強会など、なかなかやりづらい状況の中で、「オンライン勉強会」及び「オンライン相談会」の仕組みを考えてみました。いずれもZOOMを活用しての実施です。成年後見制度のこと、身元保証や関連する制度のことなど、お困りごとがあれば、対応させていただきます。詳しくは、勉強会相談会をどうぞ。

全国市民後見推進協議会が発足!

本年4月1日、「全国市民後見推進協議会」が発足され、弊NPOも全国29団体の一つとして参画しました。今後、2025年問題や8050問題が顕在化し、成年後見制度のニーズがますます高まるものと予想されます。後見人となる担い手の親族は、少子高齢化で負担が大きく、受任する弁護士や司法書士の人数も限りがある中で、市民後見活動の重要性はより一層高まるものと考えます。「地域住民が助け合う地域コミュニティの再生が必要。市民目線の地域共助を目指したい」という同協議会の中田会長の言葉に賛同し、我々も市民後見活動をより充実したものにしたいと思っています。

5月7日(金) 「おひとりさまの備えを冊子で学ぼう②」

5月7日(金)14時より、豊中市市民活動情報サロンにて「おひとりさまの備えを冊子で学ぼう」のシリーズセミナーを開催します。第2回は、「認知症、身元保証人、終末期医療の備えなど」について学びます。弊NPOが一昨年5月に発行したオリジナル冊子「おひとりさまのそなえ」を参加者に進呈するとともに、この冊子を用いて、各章ごとに解説していきます。定員は6名。申込受付は、豊中市市民活動情報サロン 06-6152-2212 あて直接申込してください。

おひとりさまのそなえセミナー①を実施

4月9日、豊中市市民活動情報サロンにて「おひとりさまの備えを冊子で学ぼう」シリーズセミナーの第1回を開催しました。参加者は4名でした。第1回は、「介護への備え」を代表が説明し、「施設探しへの備え」を在宅サポート㈱長尾社長にお願いしました。今回のセミナーは、5回連続で行います。次回は、5/7 14時より同サロンにて、「認知症、身元保証人、終末期医療の備え」について解説する予定です。

福祉仏教入門講座で講師

文化時報社主催の「福祉仏教入門講座」の講師依頼を受け、4月5日19時より『任意後見制度』について講師役を務めました。ZOOM形式で行われ、参加者は約40名でした。この講座は、「葬式仏教から福祉仏教へ」をキャッチフレーズにさまざまな専門職と連携しながら現場で市民に寄り添う僧侶を増やそうという取組みで、成年後見制度や関連する制度について学ぶ場として、本年2月にスタートしたものです。今回は、任意後見のしくみと契約のひな形、法定後見との違い、関連する財産管理委任契約や死後事務委任契約について、事例を混ぜながら解説しました。参加者からは、死後事務委任契約について関心が高く、沢山の質問が寄せられました。今後、8月まで講座は続きますが、毎回パネラーとして参加していくつもりです。