「おひとりさまのこれからの備え」セミナー実施

6月12日、豊中市市民活動情報サロンにて、「おひとりさまのこれからの備え」セミナーを実施。10名の参加者でした。5月からシリーズで月1回実施していますが、今回は「おひとりさまのそなえ冊子の解説」を中心に行いました。参加者から数多くの質問が寄せられ、有意義なセミナーになったと思います。

姫路市民生委員向けセミナーを実施

6月9日、社会福祉法人姫路学園にて、姫路市川東民生委員・児童委員協議会のお招きを受けて、「認知症時代の備え~後見・遺言など」と題して講師を務めました。参加者は65名でした。任意後見、死後事務委任契約、身元保証人、尊厳死宣言、遺言など、これからの備えについて説明しました。また、希望者から後見冊子9冊・そなえ冊子17冊のご購入をいただきました。ありがとうございました。

「親心の記録」活用セミナーに参加

6月4日、豊中市すこやかプラザで行われた「『親心の記録』活用のススメ」セミナーに参加しました。講師は、藤井奈緒さんで、活用の仕方など.勉強させていただきました。藤井さんとは接点があり、今後も「障がい者の親亡き後問題」などで連携していければと思います。

生前整理・遺品整理セミナーを実施

6月2日、千里事務所にて、「おひとりさまのこれからの備え」セミナーの第二弾として、一般社団法人心結の屋宜明彦代表をお招きして『家じまいの作法~生前整理・遺品整理』のお話をしていただきました。参加者は少数でしたが、終了後は個別相談に移行したので、相談者は細かいところまで自分の疑問点が解消できたと、満足そうに帰られました。

千里ひだまり教室での講師

5月28日、千里文化センター「コラボ」にて、豊中市千里地域包括支援センターが主催する「千里ひだまり教室」に招かれ、講師を務めました。参加者は20名で、テーマは『終活のお話~年齢を重ねても、私らしく生きるために』でした。先日納品された、「おひとりさまのそなえ」冊子を配布しながら、認知症や死後、相続の備えなどお話させていただきました。そなえ冊子は、とよなか夢基金の助成金をいただいて作成したので、豊中市内でのセミナー開催時には、無料で配布したいと考えています。