豊中サロンでのセミナー実施

先日、豊中市市民活動情報サロンにて、「障がいのあるお子様の親御様が備えるべきこと」と題して、月例セミナーを実施しました。参加者は5名でした。親御様として備えるべきこととして、成年後見制度の仕組みや留意点、遺言の重要性などを実例交えて説明させていただきました。来月は、「おひとりさまのそなえを冊子で学ぶ」というテーマで6月16日(木)14時より同場所にて開催予定です。詳しくは、こちら

成年後見半日マスター講座を開催

4月17日午前の3時間半をかけて、「成年後見半日マスター講座」をZOOMで開催しました。参加者は7名でした。カリキュラムとして、①成年後見制度の概要と最近の動向、②法定後見、③任意後見と委任契約、④後見人の実務、⑤事例紹介とおさらい、の5項目でした。次回は、6月19日(日)午前9時より同様の内容で実施する予定です。

豊中サロンでのセミナー実施

毎月恒例の豊中市市民活動情報サロンでのセミナーですが、昨日「成年後見制度の概要と最近の動向」というテーマで、弊NPOのスタッフが講師を務めました。参加者は3名でした。最近の動向では、最高裁家庭局による昨年1年間の後見概況データの解説をしました。これによると、法定後見申立て件数のうち、親族後見人が選任された割合は、19.8%にとどまりましたが、この低さは、そもそも親族を後見人候補者に立てて申立てた件数が全体の23.9%にとどまっているからであり、親族を候補者に立てた件数のうち、親族が選ばれた割合は、83%となっています。3年前に最高裁が「親族後見人が望ましい」という見解を示して以来、親族選任割合が高まっていると言えなくもないデータであり、今後も注目すべき点かと思います。

そなえセミナーで解説

先日、㈱ポプラコーポレーション主催の「終活のそなえ」セミナーで講師の依頼を受け、備えの必要性について解説しました。参加者は10名でした。セミナーでは、シニアライフノート・成年後見・おひとりさまのそなえの3冊子について活用方法について説明するとともに、事例紹介を2例行いました。時間が30分と限られていたので、十分に説明できなかったのですが、冊子などがご参考になればと思います。

障がい者の親御様向けセミナー実施

先日、障がい者の親御様向けセミナーをZOOMで実施しました。親御様が備えるべきことの中で、後見人を付けるケース、付けないケースなど具体事例を交えて説明しました。参加者のご参考になれば幸いです。