定例のセミナー実施

昨日、毎月定例で行っている豊中市立市民公益活動支援センターでのセミナーを開催しました。参加者は4名でした。テーマは「おひとりさまのそなえを冊子で学ぶ」で、独自冊子「おひとりさまのそなえ」を進呈するとともに、各項立てに沿って、必要な備えについて解説しました。次回は、10/27 13時半より開催予定です。詳しくはこちら

東住吉支援学校で保護者向けセミナー実施

本日、東住吉支援学校にて、障がい者の親御様向けのセミナー講師をSTEP代表が務めました。参加者は、35名でした。今年2月に続いて、2回目の開催でした。内容は、成年後見制度のこと、遺言の重要性、事例紹介、まとめでした。終了後は、数名の親御様から個別相談もあり、参加者の関心の高さを感じました。

後見等事務マニュアル勉強会を開始

昨日より毎月1回、「後見等事務マニュアル勉強会」を開始することとなり、第一回をZOOMで行いました。これは、STEPの新規会員などで、まだ後見事務に習熟していない方を対象に、マニュアルの読み合わせをしていくものです。ちなみに、第一回は、「法定後見」の申立て事務から就任時事務及び通常事務についてでした。この勉強会をきっかけに、会員全体の事務知識向上につながればと思います。

10月27日(金) 成年後見制度概要と最近の動向

10月27日(金)13時半より、豊中市市民公益活動支援センター(庄内コラボセンター)にて、「成年後見制度の概要と最近の動向」セミナーを開催します。定員28名、参加費無料です。お申込みは、豊中市市民公益活動支援センター宛に電話にて事前申込が必要です。申込受付開始は、10月5日(木)10時~。電話は、06-6398-9189です。受付開始日時以降しか受付できませんので、ご留意ください。詳しくは、こちら

遺言の検認立会い

先日、大阪家裁にて、「遺言の検認」に立会いました。STEPと一人暮らしの遺言者とは、委任契約及び死後事務委任契約を結んだ関係で、遺言者から自筆証書遺言書を遺言執行者として託されていたもので、STEPが検認の申立てを行いました。相続人も立合いのもと、裁判官の前で、封緘された遺言書が開封され、申立人及び相続人が目視して内容を確認しました。その後、家裁より「検認済み証明書」の発行を受け、今後具体的に遺言執行手続きに移る予定です。