東大阪で後見半日講座を実施

11月17日、13時半より東大阪市立市民ふれあいホールにて、『成年後見半日講座』を実施。参加者は4名でした。成年後見制度の概要と最近の動向、法定と任意の後見制度の仕組みと利用手続き、後見人の実務、事例紹介、そして死後事務・身元保証・尊厳死宣言について、約3時間解説しました。最後は、今日一日の「おさらい」をして締めくくりました。参加者の今後の活動に役立てていただければと思います。

財産管理委任者の買い物に同行

先日、財産管理委任契約及び任意後見契約を結んでいる高齢女性のお買い物に同行しました。月1回の財産管理報告の日に合わせて、お買い物にということになり、プレミアム商品券を使って、洋服やお菓子を購入されました。。日頃は老人ホームの生活なので、外出することがほとんどないので、ご本人は気分転換になったようです。そして、お昼はごちそうになってしまいました。

日本郵便の助成金事業に応募

先日、日本郵便の「2020年度年賀寄付金配分事業」に応募しました。タイトルは、『障がい者や高齢者の成年後見制度利用促進のための法定後見申立て費用の支援事業』です。障がい者や高齢者のうち、法定後見の利用が必要な方で、かつ申立て費用(約2万円)の負担が困難な方に対し、その費用を弊NPOが支援し、さらなる利用促進を図るという事業です。審査結果は来年になりますが、吉報を待ちたいと思います。

死後事務②~直葬

昨日、死後事務委任契約を結んでいた方の直葬に理事二人で参列しました。火葬場では、故人の顔が見れないので、故人を安置・送迎してくれた葬祭業者の車の中で、奥様と最後の別れとなりました。お骨は、しばらく奥様の施設で預かり、将来奥様のお骨とともに、一心寺へ納骨することとなりました。

死後事務①~納骨

先日、お亡くなりになった方の直葬が終わり、お骨を中国地方の実家にお届けしてきました。ゆうパックで送れる時代だそうですが、理事二人して心を込めてご親族にお届けしました。ご親族から「遠いところわざわざ来てくれてありがとう。実家の墓に納骨します。と感謝のお言葉を頂戴しました。次は、市役所や年金事務所での死後事務、相続手続きの司法書士事務所への連携に移ります。