10月以降の豊中サロンでのセミナー予定

10月以降の豊中市市民活動情報サロンでのセミナー予定が決まりましたので、お知らせします。10月4日(金)を皮切りに、毎月1回、金曜日の14時~16時まで行います。テーマは、毎回変わりますので、詳しくはこちらをどうぞ。

11月17日(日) 成年後見半日講座in東大阪

11月17日(日)13時半より、東大阪市立市民ふれあいホールにて、「成年後見半日講座」を開催します。成年後見制度を基礎から勉強したい方や、制度に関連する身元保証・死後事務委任や遺言の知識を習得したい方にお勧めです。くわしくは、こちらをどうぞ。

11月1日(金) 「終活の第一歩~ 生前整理の必要性など」

11月1日(金)14時より、豊中市市民活動情報サロンにて、「終活の第一歩~ 生前整理の必要性など」セミナーを開催します。定員15名先着順、参加費無料、申込み先は、同サロンです。また、参加者に、「おひとりさまのそなえ」冊子と、「もっと身近に!成年後見」冊子を進呈します。詳しくは、こちらをどうぞ。

豊中サロンセミナーを実施

 

8月9日、豊中市市民活動情報サロンにて「おひとりさまのこれからの備え~民法改正を中心に」というテーマでセミナーを実施。10名の参加がありました。セミナーでは、配偶者居住権の新設や自筆証書遺言の改正点など、項目ごとに解説しました。参加者からの質問も多く寄せられ、関心の高さを感じました。また、セミナーの最後で、豊中市市民協働部くらし支援課より、「特殊詐欺被害防止」の啓発説明もありました。

 

成年後見制度適正化法が成立

本年6月7日、通常国会において、略称「成年後見制度適正化法」が成立しました。これまで、認知症や知的障がいなどで成年後見制度を利用すると、成年被後見人や被保佐人は医師・司法書士・弁護士・税理士等の資格や会社の役員、公務員等の地位を失っていましたが、この法律により、今後かかる「欠格条項」が廃止され、成年後見制度を利用しただけで資格や地位を失うことはなくなります。これにより、障がい者などの就労や社会参加の後押しになると期待は大きいとされています。