任意後見契約を締結

7月19日、東大阪公証役場にて、ある高齢者と弊NPOの間で任意後見契約の公正証書を締結しました。その高齢者とは、すでに金銭管理委任契約を締結済であり、今後金銭管理のみならず身上監護面でもサポートしていくこととなりました。

豊中市役所のホームページより

6月15日に行われた「平成30年度とよなか夢基金助成事業報告会」の記録が、豊中市役所のホームページにアップされました。弊NPOも参加した様子が記録されております。コーディネーターの山田様からいただいたアドバイスを糧に障がい者向けの後見活動に取り組んでいきたいと思います。くわしくは、こちらをどうぞ。

 

豊中支援学校でセミナー開催

7月12日、豊中支援学校のお招きを受けて、セミナーを開催。73名の方が参加されました。テーマは、「障がいを持つお子様の親御様が備えるべきこと」です。小中高等部のお子様の親御様が中心でしたので、参加者自身が子の立場並びに親の立場で備えを考えるべきではないかと、相続・遺言・後見のことなど、具体的な事例を織り交ぜながら解説させていただきました。

 

10月27日(日) 成年後見一日講座in豊中

10月27日(日)午前10時より、豊中市立文化芸術センターにて、「成年後見一日講座」を開催します。成年後見制度を基礎から勉強したい方にお勧め、かつ実務にもすぐ役立つよう解説します。今回は、制度に関連するジャンルとして、身元保証人・死後事務委任や遺言の知識などもカリキュラムに追加しました。ご関心のある方のご参加をお待ちしております。詳しくは、こちらをどうぞ。

保佐申立ての受理面接

7月9日、大阪家庭裁判所にて保佐申立ての受理面接を受けました。申立人は、高齢女性のご主人で、候補者は弊NPOです。本人=高齢女性が体調不良のため出席できなかったので、後日調査官からの連絡を待つことになりました。写真は、当日「保佐とは」どういうものかの解説ビデオを視聴したときのものです。