成年後見人を受任

先日、大阪家庭裁判所から弊NPOをある高齢者の成年後見人に選任するとの審判書が届きました。法定後見受任は、今年8件目、累計27件目となりました。今回は、司法書士後見人からのリレー後見として後任の成年後見人に選任されたもので、初めてのケースにつき、前任からの引継ぎを適切に行いたいと思います。

 

委任及び任意後見の公正証書

先日、ある高齢者と弊NPOとの間で「委任契約及び任意後見契約」の公正証書を結びました。ご本人は親族と同居されてますが、親族も高齢のため、将来に備えての契約となりました。これで任意後見契約は、累計41件目となりました。

包括委任の契約

先日、ある入院患者さんと「(包括)委任契約」を結び、当日から委任事務を開始しました。患者さんは、手術及び術後の療養が必要で、一歩も病室を出られません。ご本人に代わって、金銭管理、買い物代行、郵便物の管理、及び身上監護など包括的な委任事務を履行します。本来なら、任意後見制度の利用などを視野に入れるところですが、緊急対応として、私的な委任契約締結となったものです。

公正証書2本締結

先日、ある一人暮らし高齢者と2本の公正証書を締結しました。一つは、死後事務委任契約。あと一つは、遺言です。そして、死後事務受任者及び遺言執行者に弊NPOが就任することとしました。遺言の内容は、相続人ではなく、お世話になった方へ遺贈するというもので、手続きを終えたご本人は、やれやれといったご様子でした。

公正証書2本作成

先日、公証役場にて、ある高齢者と公正証書2本作成しました。一つは、「委任契約及び任意後見契約」。あと一つは、「死後事務委任契約」でした。今後、生前から死後まで長いお付き合いになりますが、しっかりと支援していきたいと思います。